スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シカゴ」ワークショップ終了!

3月30日(日)、チャコット渋谷スタジオにて、以前からお知らせしていた「シカゴ」ワークショップを行いました。
各2時間半のレッスンでは、30分ほど軽くウォームアップをした後、「ALL THAT JAZZ」(1時のクラス)や、「ME AND MY BABY」(5時のクラス)の振り付けを覚えてもらい、フォッシースタイルのダンスを体験してもらいました。

最初は多くの人が、かなり緊張した面持ちでレッスンを受けているように見受けられましたが、JOHNはいつもダンサーのベストを引き出したいと考えており、そのためにはリラックスしてもらうことが一番!だと思っていますので、ジョークもいっぱいのレッスンになります。(笑)
もちろん手を抜いているととんでもなく怖い人に変身しますが。特にプロのカンパニーのリハーサルの場合。(汗;;;
レッスンもリハーサルも、楽しく、そして一生懸命に。それが彼のスタイルです。
みなさんとっても熱心に受けてくれたので、JOHNは大変喜んでいましたよ♪
1回、人によっては2回のレッスンでしたが、みなさんにとって何かしら得るところのあるレッスンであったことを願っています。

見学しにきてくださった方々、チャコット渋谷スタジオスタッフの方々、そして沢山汗を流してレッスンを受けてくれたみなさん、どうもありがとうございました!



JOHNのレッスンはこちらで受けられます。

BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ
スポンサーサイト

「シカゴ」ワークショップの前に・・・

チャコット渋谷スタジオでのワークショップが始まる前、月刊ミュージカル誌の取材を受けました。
以前JOHNが舞台でご一緒しており、現在は振り付け家として活躍されているケンジ中尾先生と、月刊ミュージカル誌編集長の瀬川先生との対談形式で。
お二方とも英語が堪能なので、私は通訳でヘマをするのではないかと心配する必要もなく、気楽にお話を聞かせていただきました!(笑)
出版されるのが楽しみです♪

先ほどケンジ先生のブログを読ませていただいておりましたら、「pipin」のことを書いてくださっています。
そう、その通り、パンダメイクのギター男がJOHNです。(笑)
「pipin」はJOHNが初めてフォッシーと仕事をした作品で、とても思い出に残っているショーです。
このショーに関しては、またあらためて書きますね。

ケンジ先生からは、先生のスタジオでのワークショップと言うお誘いもいただいております。
実現する日が来ることを、JOHNも楽しみにしています!



JOHNのレッスンはこちらで受けられます。

BMTスタジオ
チャコット渋谷スタジオ

東京にて

「シカゴ」ワークショップを翌日に控え、29日に東京へ入りました。
東銀座、歌舞伎座の裏に、「レディース・カルチャー・センター」(仮名)がオープンすることになっており、JOHNはそこでシアターダンスとタップダンスを教える予定なのですが、現在建設中のスタジオを見せていただくためです。

なにぶん住まいが大阪ですので、あまり頻繁に行くことはできませんが、関東地方の皆さんにもレッスンを受けていただく機会ができることを、彼も楽しみにしています。
詳細が決まりましたら、もちろんこのブログでお知らせします。

夜には、以前JOHNが日本で振り付け・演出補を務めた「その男ゾルバ」で、提督役を演じられた俳優・佐藤輝さんご夫妻と、お食事に行きました。
輝さんは、もうすぐ帝国劇場で公演される「ラ・マンチャの男」で、サンチョ役を演じられています。
舞台のご成功をお祈りしています!



JOHNのレッスンはこちらで受けられます。

BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ

オーディションのお知らせ

11月28日(金)~30日(日)の3日間、心斎橋そごうデパート14階にある「そごう劇場」にて、BMTプロデュースの公演(レビューショー)を行います。
出演者は全てオーディションで選びます。
BMT生徒のみなさんも、そうでない方も、どうぞ奮ってご応募ください!
詳しくはBMTスタジオHPの「お知らせ」のページをご覧下さい。



☆3月30日(日)
東京渋谷チャコットスタジオにて「シカゴ」ワークショップ開催!
 詳しくはチャコットまで。

JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ

Sugar

ブロードウェイの「Sugar」では、JOHNは「スパッツ」と言うマフィアのボスの手下の一人として出演したのですが、その後何年も経って、ニューヨークのディナーシアター(まず食事をして、それからショーを観ると言う形式の劇場)で、同じ「Sugar」に出演したときには、ボスであるスパッツ役を演じました。

その時の演出・振り付けは、仲良しの友人でもあったトミー・ウォルシュ。
トミーは、「コーラスライン」のオリジナル「ボビー」で、ボビーのお話はトミーの実話に基づいています。
とっても優しくて温かくて、また独特のユーモアに溢れた人でもありました。

舞台でのスパッツの登場シーンやダンスシーンは、とても見ごたえがありました。
って、このスパッツのダンスシーンはほとんどJOHNが振り付けしてたんですが。(笑)
トミーが「君のタップのとこは任せるよ!」と言ったそうで。
手下のギャングたちは全員背の高い男性ダンサーたちで、そこにスパッツ役のJOHNがぽつり。(彼は背が低いのです。)
アニメから抜け出たようなバランスが印象的でした。(笑)
そう言えば、『機関銃のようなジャン・ミネオのタップを見るだけでも、このショーを観に行く価値があり』と言うような、新聞の批評も出ていたっけ…。
とっておけばよかった!(笑)



☆3月30日(日)
東京渋谷チャコットスタジオにて「シカゴ」ワークショップ開催!
 詳しくはチャコットまで。

JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ

遠い記憶

他にどんな舞台の話が書けるかな?
と、思って尋ねたところ、「さぁ?」と言うお返事。(苦笑)
しょうがない、ネットで調べましょう。

「The Rothschilds」、「 On the Town」、「 Sugar」
こういうのに出てるよ~、何か覚えてることは?
「さぁ・・・」(大苦笑)

「The Rothschilds」と言うのは、実在したユダヤ人銀行家の一族の物語です。
マイケル・キッド演出・振り付け。
JOHNにとっては、今でも家族ぐるみのお付き合いをしている、親友夫婦と共演した舞台でもありました。

「On The Town」
これは、ジーン・ケリーやフランク・シナトラ、ジュールス・マンシンが出演して映画化された、「踊る大紐育」としても有名ですね。
JOHNが出演したのは、この「オン・ザ・タウン」の1971年リバイバル版です。

「Sugar」
こちらも、ジャック・レモンやトニー・カーティス、マリリン・モンローが出演した映画版が有名です。
映画の邦題は「お熱いのがお好き」。
ちなみにトニー・カーティスは、子供の頃お向かいに住んでいたそうです。
トニーの方が年上だったので、一緒に遊んだことはなかったそうですが、彼のお母さんが窓から顔を突き出して「バーニー!バーニー!」と呼ぶ声を、未だにハッキリ覚えているそうです。
(トニー・カーティスの本名はバーナード・シュワルツ)



☆3月30日(日)
東京渋谷チャコットスタジオにて「シカゴ」ワークショップ開催!
 詳しくはチャコットまで。

JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ

「シカゴ」ワークショップ

お知らせでいつもアップしてありますが、今月30日(日)、東京のチャコット渋谷スタジオにて「シカゴ」ワークショップを開催します。
東京でするのは久しぶり。
2時間半のレッスンの間に、出来る限りフォッシーのスタイルを体験してもらいたいと思います。

1時のレッスンで取り上げるのは「ALL THAT JAZZ」。
「シカゴ」のオープニングナンバーですから、ご存知の方も多いでしょう。
映画で見たことがある、と言う人もいらっしゃるでしょうね。(映画とは全然違いますが)
少しスローで、とってもセクシーな、いかにもフォッシーと言うダンスナンバーです。

5時のレッスンでは「ME AND MY BABY」。
こちらはアップテンポのナンバーで、「シカゴ」の中では主役ロキシーが、男性ダンサー二人を従えて歌い踊ります。
ユーモアたっぷりの動きもあって、芝居気に溢れ、踊っていてとても楽しいダンスです。
両方ともに共通するのは、細部にまでわたる体のコントロールが必要と言うことですね。

まだ両レッスンとも、申し込み可能のようです。
JOHNがこのワークショップで教えるのは、彼がオリジナルキャストとして出演した1996年ブロードウェイカンパニーの、オープン当時の振り付けです。
ダンスはしないけれど、本物のフォッシースタイルを見てみたい、と言う方は見学も可能です。
詳しくはチャコット渋谷スタジオまでお問い合わせ下さい。
実際に何度もフォッシーと仕事をしたからこそ身についたJOHNのフォッシースタイル、興味のある方は是非どうぞ!



☆3月30日(日)
東京渋谷チャコットスタジオにて「シカゴ」ワークショップ開催!
 詳しくはチャコットまで。

JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ

Sing Sing Sing

今リハーサルしているこのナンバーは、「フォッシー」の中でも使われたので、知っている方も多いかとは思いますが、元々は「ダンシン」と言うミュージカルで踊られています。
この中にタップダンスのセクションがあるのですが、JOHNはこのタップを、ウェイン・ソレントというダンサーと一緒に踊っていました。
その部分だけにかかったリハーサルは約3時間、そして磨きをかけるのに更に2時間が費やされたそうです。

アン・ラインキングは「フォッシー」のリハーサルをしていたときに、あのタップの部分を踊るダンサーたちに、スタイルを教えてあげてほしいと、JOHNに電話をかけてきました。
JOHNは当時「シカゴ」に出演中でしたが、お休みの日を利用して、リハーサルが行われていたカナダまで行き、スタイルを指導しています。

BMTでは、スタジオ公演などで「Sing Sing Sing」を踊っていますが、タップの部分を含む後半部分は、これまで踊っていません。
私はスタジオのタップのレッスンで、あのナンバーを取り上げて欲しいと思っているのですが、かなり難しいそうです。
いつかできるようになるといいですね~♪



☆3月30日(日)
東京渋谷チャコットスタジオにて「シカゴ」ワークショップ開催!
 詳しくはチャコットまで。

JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ

リハーサル開始!

6月ジャズ協発表会に向けての、週末リハーサルが始まりました。
まずは第二部で踊る「Sing Sing Sing」にとりかかっています。
過去に踊ったメンバーもいますが、今回初めてと言う人も。
フォッシー振り付けのダンスはどれも、スタイルをモノにするのが大変難しいのですが、注意されることをよく聞いて、色々研究してみてください。
まずはJOHNがいつも言うように、「リラックス!」(笑)
ヘンに力が入っていると、筋肉は思うように動いてくれませんよ~!



☆3月30日(日)
東京渋谷チャコットスタジオにて「シカゴ」ワークショップ開催!
詳しくはチャコットまで。

JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ

ミスター・セロフィンからのプレゼント

先日、JOHNが「CHICAGO」で、ジョエル・グレイの演じたエイモス・ハート役のアンダースタディをしていたことを書きました。
アンダースタディで出演するときには、その役の人の楽屋を使うことになります。
ジョエルがお休みをとったため、JOHNが初めてエイモス役で出演するという日、楽屋に入ると、化粧前にプレゼントが置かれてありました。
それが、こちらの写真です。

john tap dance


これはドレスリハーサルの時にジョエルが撮影したものです。
すこ~しセンターから外したフレーミングが、何とも言えない良い味をかもしだしていて、とっても素敵に仕上がっています。
第一幕、ロキシーが殺人を犯した後、夫であるエイモスがその罪を被ろうと、警察に必死で話をしているシーンの最中に、舞台の上手側でとっても唐突にとっても静かに、3人の男性ダンサーが踊りだす「タップダンス」。

私はこのナンバーを見るのが大好きでした。
本当に、小さな小さなダンスナンバーでしたが、フォッシーの要素がふんだんに感じられるダンスなのです。
他のダンサーさんも見ようと思うのですが、どうしてもJOHNに目が釘付けになります。
体のコントロールの仕方から、タイミングから、誰が両脇に来ても全然違うのです。
ブロードウェイでのオープン前、ドレスリハーサルをしていたときに、客席から舞台を見ていた振り付けのアン・ランキング(ロキシー役としても出演)が、JOHNが踊り終わったときに舞台に寄ってきて、「フォッシーが生き返ったみたい。」と涙ぐんだ目で彼に言ったと言うのがわかります。(私は実際にフォッシーが踊るのを生で見たわけではないですが。笑)

そのタップダンスを踊っているJOHNを、ジョエルがこうして写真におさめてくれて、とても良い記念になりました。
そうそう、ジョエルの楽屋には、枯山水の箱庭セットが置いてあり(笑)、部屋自体がとっても静かな、癒しの空間になっていました。
うちの子供はよくジョエルの部屋に行っては遊んでもらっていたようです。
彼が行くと全然癒しじゃなくなってしまっただろうと思うのですが。(笑)



☆3月30日(日)
東京渋谷チャコットスタジオにて「シカゴ」ワークショップ開催!
 詳しくはチャコットまで。

JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ

6月発表会

6月の関西ジャズダンス協会発表会の打ち合わせがありました。
今年は9つのスタジオが参加します。

BMTは第1部で3曲、第2部で1曲踊ります。(2部は各スタジオ1曲ずつ)
もうすぐ土日のリハーサルも始まりますし、参加する皆さんは体調に気をつけて、いい舞台ができるように頑張りましょう!

お時間のある方は是非劇場まで足をお運び下さい。
6月29日の日曜日、森ノ宮の青少年会館にて。 チラシが出来上がったらまた詳しくアップしますね♪



☆3月30日(日)
東京渋谷チャコットにて「シカゴ」ワークショップ開催!
 詳しくはチャコットまで。

JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ

ミスター・セロフィン

2月17日のブログに、ジョエル・グレイのことをチラッと書きました。
ライザ・ミネリ主演の映画「キャバレー」でMC役を演じ、アカデミー賞を受賞しています。
ちなみに映画「ダーティ・ダンシング」でパトリック・スウェイジの相手役を演じたジェニファー・グレイは、ジョエルの娘さんです。
このジョエルが、JOHNも出演していた「CHICAGO」の、「エイモス」役オリジナルキャストでした。
タイトルに使った「ミスター・セロフィン」は、エイモスがソロで歌うナンバーです。
(JOHNはエイモスのアンダースタディもつとめています)

2回公演がある日は、よくお弁当を作ってJOHNに持たせていたのですが、それを見たジョエルが、「あ~僕これ大好きなんだ!」と言って指差したのが・・・おにぎり。
そこで、ジョエルのためにおにぎりを作って、差し入れしたことがあります。
使い捨て容器に入れるのは味気ないので、うちの子供が使い出したばかりの、まだ新しい、クマの絵が描かれた小さなアルミのお弁当箱におにぎりを詰めて、JOHNに渡してもらいました。
すると、もちろんおにぎりは喜んで食べてくれたそうですが、使っていたお弁当箱をいたくお気に召した様子で、「これかわいいよね~。」「すごくいいよね~。」

しょーがない・・・ 「じゃああげるって言っといて・・・」 (結構気に入ってたんだけど。。。笑)

そんなお茶目なジョエルは、舞台でも本当に魅力的でした。
エイモスの純粋さ、頼りなささ、もの悲しさ、哀れさなど、全部ひっくるめて表現し、小さな体で劇場全部を虜にしてしまう彼のパフォーマンスは、何度見ても飽きることはありませんでした。



☆3月30日(日)
東京渋谷チャコットスタジオにて「シカゴ」ワークショップ開催!
 詳しくはチャコットまで。

JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ

違う違う!

2月19日のブログに、JOHNの年を書いてたんですけどね。
間違えてました!
プラス1です。。。1歳足してください。。。
困ったもんですねぇ~。
いつまでも若くあって欲しいと言う切実な願いが勝手に手を動かしたのでしょうか。(笑)

愛された振り付け家

ピーター・ジェネロ。
前のブログに書いたダンサー・振り付け家ですが、見たことのない方は是非一度、1954年の映画「パジャマ・ゲーム」の「スティーム・ヒート」を見てください。
右側で踊っているのがピーターですが、後に振り付け家としても活躍しています。

驚くことに彼は耳が不自由で、補聴器をつけて何とか音を拾っていました。
実際には音に頼るより、体に感じられるビートを使って動いたり歌ったりしていたそうです。
私達の親しい友人ジミーが、ピーターのアシスタントをしたことがあるのですが、ジミーも片耳が難聴でよく聞こえません。
傍から見ていると、時に二人の会話はとんでもなくおかしなものになっていたようで、ジミーはよくその状況を再現して笑わせてくれました。

ピーターとのリハーサルでは、いつも笑いが絶えなかったそうです。
いつまでも心は一ダンサー、と言う人だったようで、ダンサー達からとても愛された人でした。
ピーターが亡くなってしばらくしてから、彼を偲ぶ(しのぶ)会が行われたのですが、本当に多くの出席者があったそうです。
その会では何人かのダンサーたちが、ちょっとしたパフォーマンスをしたのですが、参加していたJOHNは、そのためのリハーサルで懐かしい面々とピーターの思い出話に花を咲かせ、そこでもやっぱり涙ではなく、笑いが溢れていたそうです。



☆3月30日(日)
東京渋谷チャコットスタジオにて「シカゴ」ワークショップ開催!
 詳しくはチャコットまで。

JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
チャコット神戸スタジオ
プロフィール

kyo

Author:kyo
こちらのブログには、レッスン情報や舞台のこぼれ話などを書いています。見学や体験はいつでも可能です。お気軽にお問い合わせ下さい♪

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。