スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また戻ってDANCIN'

で、話は大きく戻りますが。
今まで見た中で一番、「え、これがJOHN?」と思った写真を一枚。

IMG_0002.jpg

向かって左側がJOHNなんですよ~。
何だか派手な魚屋さんみたいです。(笑)
右側はウェイン・ソレント。 
以前アップしたキャストの集合写真の中では、前列右側、アニーの隣に写っています。
上は、「Sing Sing Sing」のナンバーの中で、2人が踊るタップのシーンです。
この部分は、フォッシーとJOHN、そしてウェインの3人で作り上げたそうです。

実際JOHNのタップは定評があったようで、先日東京で会ったGARYも、その話をしていました。
でもJOHNに言わせると、「ブロードウェイのダンサーは誰でもタップが踏めるんだよ。」
そんなことはないと思いますが。。。



JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
スポンサーサイト

東京にて

BMTスタジオのHP「お知らせ」ページにアップされていますが、BMTでずっとレッスンを受けていた濱中優美ちゃんが、「CHICAGO」の日本人キャストカンパニーのアンサンブルで出演します。
リハーサルが始まり、JOHNが振り付け担当は誰か尋ねたところ、Gary Chrystの名が。
彼は各国の「CHICAGO」カンパニーを作っていっている人なので、おそらくそうじゃないかとJOHNは思っていたそうです。

GARYとJOHNは、「DANCIN'」で共演しています。
出身高校も同じ、パフォーミングアーツです。(JOHNの方が7~8年上ですが。)
共演作は1本だけですが、以来30年近くにわたっての友人なのです。
と言う事で、「CHICAGO」のリハーサルがお休みの22日、東京で二人に会って、BMTオーナーの高野さんも一緒に食事をする機会を作らせてもらいました。

翌日はお稽古場で、通し稽古を見学させていただきました。
丁度韓国カンパニーでヴェルマを演じられた、金志賢さんも見に来られていました。
リハーサル室に入り、見慣れたセットが目に飛び込んでくると、JOHNは一瞬、着替えてスタンバイしないといけないような気がしたそうです。(そりゃ8年もやってましたから。笑)
いざ通しが始まると、皆さんの熱演で時間があっという間に過ぎてしまいました。
私達は改めて、11月の大阪公演を観に行かせていただきますが、通し稽古から更にどう変化していくのかを見るのも楽しみです。

個人的には、優美ちゃんが一生懸命頑張る姿を見てとても嬉しく、また誇らしく思いましたし、もう一人、懐かしい人と再会できて、その彼がエイモスを演じる姿を見ることが出来て、これまた非常に感慨深かったです。
金澤博さん。
JOHNが日本で演出補・振り付けを担当した、「その男ゾルバ」の舞台で共演させてもらったことがあるのですが、当時彼はまだ20才で、ゾルバが初舞台。
あの彼がこんなに立派になっちゃって・・・と、完全に“親戚のおばちゃん”状態でした。(笑)

「CHICAGO」カンパニーのキャストの皆さん、そしてスタッフの皆さん、突然お邪魔したにも関わらず、温かく迎え入れて下さって、どうもありがとうございました。
舞台を拝見するのを、心から楽しみにしています♪

tokyo2.jpg 食事の間中ず~~~~~っとしゃべりっぱなしだった二人。

gm.jpg 前列右から、GARY、安蓮(うちの息子です)、JOHN、後列右から、優美ちゃん、私、BMTオーナー高野さん。



JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ

レッスン休講

お知らせです!
今月22日の月曜日は、BMTでのシアターダンスのレッスンがお休みになります。
その次の月曜日、29日も第5週目なので、いつも通りお休みです。
スタジオの方にはずっと掲示してありましたが、見ていなかった方々、お間違えのないようにお願いします!



JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ

再びDANCIN'

Fumioちゃんからもコメントをもらっていますが、そうそう、体がつながったようなポスター。
これですね♪

dancin-edit.jpg

ちなみにこのロゴの、顔の部分のモデル、女性はアン・ラインキングで、男性はロス・マイルズ(下の集合写真、最後列右から2人目)だそうです。
確かに面白いデザインですよね~。

あと、他のメンバーも簡単に紹介しますと、集合写真の最後列一番左がキャサリン・ドービー。
フォッシーのアシスタントを何度も務めている女性です。
非常に細かく振りを覚えているので、リハーサル中、彼女が指揮を執って振りのクリーニングをするときの方が大変だったとか。(笑)

同じく最後列一番右側。こちらはリンダ・ヘイバーマン。
以前にも書いたことがありますが、振り付けの仕事で何度も来日しています。
そして3列目一番左がクリス・チャッドマン。
彼もフォッシーの舞台によく出ていた人です。「ピピン」ではピピンの継母の息子、ルイス役を演じています。

また長くなってしまうので、続きは次回に・・・!



JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ

DANCIN'

唐突に話を戻しますが、「DANCIN'」はダンスと歌でつづられるレビューでした。
「舞台上で汗をかいていない間は早替りで汗をかいていた。」と、JOHNがよく話すぐらい、ハードなダンスショーだったようです。
(私が若かりし頃(笑)、ツアーカンパニーが日本公演で大阪に来たので、観に行く予定にしていたのに急用が入り、泣く泣く諦めたことがあります。)

IMG_0001.jpg

オリジナルキャストは、当時ブロードウェイでバリバリ活躍していたダンサーたち。
アン・ラインキング(最前列中央)は、もう何度もここに登場していますね。
サンダール・バーグマン(3列目右から3人目)は、映画「オール・ザット・ジャズ」でトップレスになる女性ダンサーです。その後ハリウッドに行って、「コナン・ザ・グレード」や「レッド・ソニア」と言う映画でシュワルツェネガーと共演しています。
ヴィッキー・フレデリック(最前列左)、彼女は映画「コーラスライン」でシーラ役を演じています。
そして私達の親しい友人であるリネー・サバイオス(2列目右から2人目)。
もう今は現役を引退している彼女ですが、JOHNに言わせると、一緒に仕事をした中で最もすごいと思った女性ダンサー2人のうちの1人、だそうです。(多分日本では全く知られていません。)
どういった意味ですごいのかと言うと…強靭なテクニックを持ち、強く、またシャープな動きと共に豊かな感情表現ができ…褒めだしたらきりがありません。(笑)

他のキャストも紹介したいのですが、長くなってしまうのでまた次回に続けます!



JOHNのレッスンはこちらで受けられます。
BMTスタジオ
プロフィール

kyo

Author:kyo
こちらのブログには、レッスン情報や舞台のこぼれ話などを書いています。見学や体験はいつでも可能です。お気軽にお問い合わせ下さい♪

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。