FC2ブログ

アンソニー・クイン

「その男ゾルバ」のお話に戻りますが・・・。
このショーは、まずツアーから始まり、ブロードウェイで10ヶ月ほどの公演、そしてまたツアーと、合わせて3年半ほどの公演だったそうですが、その間ゾルバを演じたトニー(アンソニーのニックネーム)は全ての公演に出演したそうです。
そう、一度もアンダースタディーが舞台に立つことはなかったそうで、これは大変珍しいことです。

身長は190センチ前後、体重もその頃は100キロを超えていたようで、まさしく大男!
JOHNのお母さんが舞台を観に来た時に、トニーに紹介したそうですが、ハグされるとトニーの腕の中でお母さんの姿が消えてしまったとか。(JOHNのお母さんはとっても小さい人だったんです!笑)
英語以外にも、フランス語、スペイン語、イタリア語、ギリシャ語を話し、絵画や彫刻などのアートの世界でもその才能が知られていました。

「隣の部屋にいてもオーラを感じる」とJOHNが言っていましたが、内側からあふれ出る彼のパワーと存在感は、圧倒的なものだったそうです。
JOHNはブロードウェイでの公演からはダンスキャプテンを務めていたので、トニーとも密に接しており、あれだけの期間彼と仕事ができたことは、毎日ご褒美をもらっていたようなものだと言います。

コメント

No title

私もそれくらい大きい人にハグされたり、持ち上げられたりしたい・・・。実は私、大きい人、好きなんです。

3年半もの間、集中力を持続させるというのは、とても強い人なんですね。天性の才能と努力の賜物なんでしょうか。ZONEという言葉をよく聞きましたが、そういった感じなんでしょうか。
体調管理はもちろんのことですが、周りの環境の変化に対しても、又、何が起こっても、弱くなろうとする自分を奮い立たせて、ただ前に進んでいたこともあったかもしれないですね。

Re: No title

公演中、みんなでトニーの71回目のバースデーパーティーをしたそうです。
そんな高齢でもその体力気力!
驚きですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kyo

Author:kyo
こちらのブログには、レッスン情報や舞台のこぼれ話などを書いています。見学や体験はいつでも可能です。お気軽にお問い合わせ下さい♪

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク